🇵🇬#02 プロジェクトの活動内容(PNG KAMISIBAI PJ)

今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、

パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト
※略して「PNG KAMISIBAI PJ

についてご紹介します。

この記事では、この2023年6月〜7月に、4年半ぶりに渡航するパプアニューギニアでのプロジェクト実施の活動内容についてをお話しします。

※プロジェクト実施の経緯はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
🇵🇬#01 パプアニューギニア KAMISIBAI プロジェクトを実施するワケ 今日は、代表のわたくし笹瀬正樹が、協力隊を育てる会の帰国隊員支援プロジェクトのサポートを受けて取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略...
協力隊時代の成果と悔しい思い

私が現地で実施したいことは3つ。

  1. 協力隊時代に製作した絵本の読み聞かせ活動。
  2. 絵本の子ども達への効果を測定すること。
  3. 今後の絵本に関わる教育支援活動への可能性を探ること。
目次

協力隊時代に製作した絵本の読み聞かせ活動

青年海外協力隊だった当時(2015〜2017年)私は、私の配属先の小学校や村、町のお祭りをはじめ、

子どもたちに読み聞かせをして周りました。

詳しくは#1の記事を読んでいただきたいのですが、子どもたちはもちろん、先生や保護者の方々からも嬉しい反応をもらえました。

そんな読み聞かせ活動を、また実施してきます。

読み聞かせを予定しているのは、このゴミのポイ捨てに関する物語

ポイポイとごみおばけ

です。

その他の紙芝居(「盗難とモラル」「タバコと健康」「授業中のマナー」「ジェンダーと職業」)の紙芝居は以下のリンクから閲覧できます。

Wakwak for Everyone
Download | Wakwak for Everyone Download Books Environment Environmental Education Moral Moral Education Class Manner Class Manner Health Health Educati

絵本の子ども達や大人の反応や効果を測定すること

絵本に関する調査や効果測定をします。

まだざっくりとしか決まっていませんが、アンケートやインタビューを通して以下のような質問をしたいと思っています。

子ども向け

  • 紙芝居(絵、ストーリー、問い)は楽しかった?
  • ごみのポイ捨てをしたことがある?
  • 自分の行動が変えられそう(もうポイ捨てしない)?
  • 友達の行動を変えられそう(友達のポイ捨てを注意できる)?
  • (選択肢の中で)学んだことは何?
  • 他に見てみたいテーマはある?

先生向け

  • 紙芝居(絵、ストーリー、問い)は楽しかった?
  • 紙芝居を授業で使ってみたいと思う?それはなぜ?
  • どんな時、どんな場面で使えると思う?
  • 児童が紙芝居や絵本を楽しめると思う?それはなぜ?
  • 児童が自分の行動が変えられると思う(もうポイ捨てしない)?
  • 児童は友達の行動を変えられると思う(友達のポイ捨てを注意できる)?
  • 他にどんなテーマがあったらいいと思う?

保護者向け

  • 紙芝居(絵、ストーリー、問い)は楽しかった?
  • 子どもが自分の行動が変えられると思う(もうポイ捨てしない)?
  • 子どもが紙芝居を通して学ぶことをどう思う?
  • 子どもへのどんな効果を期待する?

こんな質問を通して、「紙芝居を通して、子どもが楽しく学ぶことができる」そして「先生たちが教育手段として紙芝居を使える」可能性を探れたらいいなと思っています。

今後の絵本に関わる教育支援活動への可能性を探ること

パプアニューギニアでは、以下の場所に訪問したいと思っています。(まだ思っているだけです。笑)

現地のJICA事務所、日本大使館、現地NPO「Buk Bilong Pikinini」、教育委員会…

ご都合をつけてもらえるか、興味を持っていただけるかどうか、ただいま絶賛アポイントメントのご連絡をしているところです。

お話を聞いてもらえるといいなぁ…。

さいごに

今回の紙芝居プロジェクトを通して、ボクにはこんな夢があります。

  1. 紙芝居を通して、子どもが楽しく学びながら現地の問題解決に繋がる機会をつくりたい
  2. 先生には、子どもに伝えたいことを伝える教育の手段としてこの紙芝居を使ってほしい
  3. 以前作った紙芝居を改善したり、質をアップさせたい。
  4. 先生や保護者らと連携をした次回作を作りたい!(資金次第だが現地アーティストさんの絵を使えたら最高!)
  5. 理数科教育への興味に繋がる「科学絵本の読み聞かせ」など、絵本を通じた教育支援活動を推進したい
  6. 本プロジェクトで成果が得られれば、「JICA 基金」などの補助金にも応募したい

たった1ヶ月の渡航でちょっと欲張りすぎかもしれませんが、これが本気でボクが成し遂げたい目標なのです!

そのために6月〜7月にパプアニューギニアプロジェクトの第一歩目を踏み出すため、絶賛準備を進めているところです。

続きの記事もぜひお読みくださいね。


※続きの記事を5/5にアップしました。

あわせて読みたい
🇵🇬#03 プロジェクトのスケジュール(PNG KAMISIBAI PJ) 今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略して「PNG KAMISIBAI PJ」 についてご紹介します。 この記事では...
一般社団法人 Wakwak for Everyone
いっぱんしゃだんほうじん わくわくフォーエブリワン
知らない世界に出会うこと、興味や関心があることを学ぶことはとても刺激的で、わくわくします。私たちは、タンザニア等への現地訪問スタディツアーや海外と繋がるオンラインイベントなど、学びの機会を提供する団体です。日本の子どもはもちろん、開発途上国の貧困地域の子どもにも「わくわく」を感じてもらうことを目指します。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次