🇵🇬#18 インタビュー&アンケートの調査結果(PNG Kamishibai PJ)

今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、

パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト
※略して「PNG KAMISIBAI PJ

についてご紹介します。

この記事では、この2023年6月〜7月に実施しているパプアニューギニアでのプロジェクトについてをお話しします。

※プロジェクト実施の経緯はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
🇵🇬#01 パプアニューギニア KAMISIBAI プロジェクトを実施するワケ 今日は、代表のわたくし笹瀬正樹が、協力隊を育てる会の帰国隊員支援プロジェクトのサポートを受けて取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略...
あわせて読みたい
🇵🇬#02 プロジェクトの活動内容(PNG KAMISIBAI PJ) 今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略して「PNG KAMISIBAI PJ」 についてご紹介します。 この記事では...
あわせて読みたい
🇵🇬#17 先生が読み聞かせに挑戦 !(PNG Kamishibai PJ) 今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略して「PNG KAMISIBAI PJ」 についてご紹介します。 この記事では...
目次

先生たち@カラマナグナン小学校

一週間目に読み聞かせを行った「ポイポイとごみおばけ」の紙芝居に対して、授業前にインタビューを、授業の後にアンケートで調査を行いました。

あわせて読みたい
🇵🇬#13 活動開始!(PNG Kamishibai PJ) 今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略して「PNG KAMISIBAI PJ」 についてご紹介します。 この記事では...

授業前には、こんな質問をしました。

  • ごみのポイ捨てをしたことがありますか?
  • ゴミのポイ捨てをすることをどう思いますか?
  • ゴミのポイ捨ては良いこと?それとも良くないことですか?
  • 友達がゴミのポイ捨てをしていたらどうしますか?

その一週間後にまた同じ質問をしてみて、

紙芝居で学んだ知識がきちんと身についているのか

を確認しました。

インタビューの結果…

紙芝居の前に聞いた時に時には「ゴミのポイ捨ては良くないこと」ということは言えてても、「なぜ?」と聞くと黙ってしまう子が多くいました。

友達に注意をする時も、「ゴミ箱に捨てようよ」「ポイ捨てはダメだよ」と言うだけでした。

それが、

ゴミのポイ捨てをすると、動物たちがお腹を壊してしまうから

ゴミのポイ捨てをすると、ゴミおばけが夜に探しにくるよ

と、学習内容を反映した回答がスラスラ言えるようになっていました。

そして、先生からも嬉しいコメントをもらいました。(詳しくはインタビュー映像の後半を見てみてください。)

アンケート結果を集計

アンケートで、以下の5つの質問に答えてもらいました。

  • 物語は楽しかったですか?
  • イラストは楽しかったですか?
  • 問題に答えるのは楽しかったですか?
  • 紙芝居の授業は、勉強になったと感じましたか?
  • 今後の自分の行動が変えられそうですか?(ポイ捨てをやめられそうか?)

その結果がこちら。

平均約9割、大半の児童が

  • 紙芝居を楽しみ、
  • 勉強になったと感じ
  • ゴミのポイ捨てをやめられそう

と感じられたそうです。

さいごに

ここまで説明したように、とても嬉しい調査結果や感想が得られました。

ただ、

これで実際にゴミが減るか

と聞かれると、それはこの三週間の滞在だけではまだわかりません。

しかし、少なくともインタビューの中で先生たちは「これはとても良い教材だと思う。」「ぜひ活用したい!」と言ってくれています。

そして生徒たちの反応や回答が、学びを物語っています。

先生からの今後の報告が楽しみです!(ちゃんと連絡してくれるかな?笑)

続きの記事もお楽しみに!

あわせて読みたい
🇵🇬#19 保健センターと町役場でプレゼン !(PNG Kamishibai PJ) 今日は、代表の私、笹瀬正樹が個人で取り組んでいる、 パプアニューギニア KAMISHIBAI プロジェクト※略して「PNG KAMISIBAI PJ」 についてご紹介します。 この記事では...
一般社団法人 Wakwak for Everyone
いっぱんしゃだんほうじん わくわくフォーエブリワン
知らない世界に出会うこと、興味や関心があることを学ぶことはとても刺激的で、わくわくします。私たちは、タンザニア等への現地訪問スタディツアーや海外と繋がるオンラインイベントなど、学びの機会を提供する団体です。日本の子どもはもちろん、開発途上国の貧困地域の子どもにも「わくわく」を感じてもらうことを目指します。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次